お母さんの病気

お母さんの病気


お母さんの病気

KODAK Digital Still Camera


お母さんの病気

淳のお父さんから電話が、お母さんが
病気で入院したと。

お母さんの病気乳がんでした。
入院して手術、奈子はおばあちゃんと、お父さんの
ご飯の支度をするのに、淳の家に。
泊まるまることになった。

淳も当分は実家から会社へ。
お母さんはまだ若い、50歳だった。

お母さんってとっても面白い人でね、
おばあちゅんも優しいし、お父さんはあまり
お話とかしない人だけど優しい人。
そんな人の集まってる家って珍しく感じる奈子だった。

奈子が夜働いてたこともある、それを知っても
偏見もなかった。

KODAK Digital Still Camera


奈子の家の方が夜働くなんてと、姉などにも言われ
奈子は実家へもちかづかなかったので
淳の家はとっても暖かく感じた。
お母さん良くなるかなぁ~
奈子は心配だった。

おかあさんは、買い物大好きで、
よくデパートでお買い物してた人でした。

奈子は自分の家と淳の家を行ったり来たり、ほぼ
毎日車で往復してました。
車は「あしのいいやつ、カリーナ―」

明日に続く。明日はこの日から二年後
応援してね、↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ノンフィクションランキング

カテゴリー: お母さんの病気 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。