箱人形は昭和の時代に生まれた

遊夢人形の作り方と使い方


遊夢人形の作り方と使い方

箱人形は昭和の時代に生まれた日本で初めての
和風ドールハウスです。

お茶室にもなりますし、和風スタンドにもなります。
和風スタンドは、ほのかな灯りで、睡眠時にとっても優しいです。

箱のお部屋は、板目紙二枚を重ねて、壊れにくくなっています。




製図をしてカッターで切ります。
日本古来の良い所を残して
作り上げた作品です。
お部屋の中には、和紙人形がお座りしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お部屋の中はこのようになります。
おちゅしつの扉は開け閉めができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床になる部分をはります。
そのあと、壁を作り窓を作り、
矢ねを作っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな風に床から作っていきます。
ネットの教室ではマンツーマンでお教えしていきます。
お土産品として外国の方にも人気です。


カテゴリー: 未分類, 箱人形は昭和の時代に生まれた パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です