富山県小矢部市津沢町で生まれた箱人形




富山県小矢部市津沢町で生まれた箱人形


富山県小矢部市津沢町で生まれた箱人形


富山県小矢部市津沢町で生まれた箱人形

箱人形作家傘千代夢路は28歳の時箱人形を考案しました。

箱人形と名付けられたのはなぜ 箱人形が生まれるまで。

箱を作っていました、箱に窓をつけました。

そして和紙人形も作りました。

とっても可愛い箱とお人形さんができました。

お人形さんをお部屋にお座りさせてみました。

それで箱に入ってる和紙人形は「 箱人形となづけ」られました。

富山の広報に載せていただきました。

箱人形という名前もどこにもありませんでした。

今は箱に入ってると「箱人形」と検索するとでてきます

1982年に「箱人形」と名前は付けられたのてです。

折り紙 大きい ゴールド・ラメ おりがみ 【希少サイズ 20×20cm30枚】折り紙 千代紙 友禅和紙 yuzen washi origami paper 計算折り紙 折り紙 柄 自分で作る ポチ袋 ぽち袋 自作

価格:2,728円
(2023/1/16 12:48時点)
感想(20件)

今村紙工/板目紙 A5 100枚/IT-05

価格:995円
(2023/1/16 12:51時点)
感想(0件)

カテゴリー: 箱人形は昭和の時代に生まれた パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です